実践事例

学びの場
学校段階
主な対象障害
教科等
特性・ニーズ
選択すると自動的に並び順を変更します。
絵カード交換システムを活用したコミュニケーション支援
概要
・要求を具体的に相手に伝えるツールとして、生徒の実態に応じたコミュニケーションブックを用意している。
・「トイレに行く」、「水を飲む」など、基本的な生活に関する要求のカードは、使用しやすいよう最初のページに用意している。また、「物の名前」や「色」、「形」など、事柄を具体的に伝えるための言葉については、次ページ以降に整理している。
・生徒に教えたいカードがあるときは、具体的な指導場面を設定するなど、コミュニケーションできる場面を増やせるよう取り組んでいる。
作業的活動のリワードシステム(報酬・ごほうび)
概要
・活動への意欲を高めることを目的とし、難易度の高い課題や活動の際に、リワードを意識した取組をしている。
・活動への取組に応じて、10円カードによる報酬をもらい、余暇活動の際に、そのカードを使って買い物をする活動を行っている。その導入段階として、リワードシステムを理解することで、余暇活動の幅を広げることをねらいとしている。
ICTを活用した人体解剖図(紙)の作成
概要
プロジェクター、拡大投影機を活用し、全体で確認することで、一斉に情報の共有を図る。また映像や画像等を用いて、興味・関心を高め、意欲の向上につなげる。
ワープロソフトを利用した案内文書の作成
概要
・サブモニターを見ながら、自らパソコンを操作することができるようにする。
・生徒の実態に応じて、適切な支援方法を提示することができる。
生活単元学習でのスマートフォンの学習
概要
卒業後の生活を想定すると、ほとんどの生徒がスマートフォンを所持して生活することが考えられるため、スマートフォンの基本的な操作や機能について学習したり、情報モラルの観点からの事例を通して、使用上の注意事項や正しい判断の仕方について学んだりする。
美術科における教材・支援機器活用実践事例
概要
1 ユニークなフィルターを駆使した写真を撮影する。
2 撮影した写真を工夫して貼ったり、文字を書いたりしてコラージュを作る。
パワーポイントを活用した現場実習の事前学習
概要
学習において言葉で説明を加えるとともに、重要な語句を大きくしたり、アニメーションを加えて強調することで理解を促すようにした。
テレビ電話アプリを活用した学校間交流
概要
直接会いに行くことが難しい遠方の学校との交流において、テレビ電話を活用し、直接対話することを通して、自分が住む地域と異なる地域に住む児童生徒の様子を知り、コミュニケーションすることの楽しさを知る。
2学期始業式
概要
視覚支援を行うことで、見通しをもって、始業式に参加することができる。
宿泊研修
概要
宿泊研修について、パソコンを用いたスライドショーを見ることで、活動場所や当日の様子を見ながら、自分や班のメンバーの行動を振り返る。