実践事例

手書きツールで文節・単語分けをしよう!
概要
・言葉の単位を知り、文節分け・単語分けができるようになる。
・ICT 機器を活用することにより、「自分から集中して課題に取り組む」「課題を最後までやり抜く」
(個別のねらい)自分の言葉で自己を表現できるようにする。
集中力を継続して課題に取り組み、課題提出ができる。
本時における 1 人 1 台端末の活用方法とそのねらい
・自動採点機能を持つ漢字ドリルを活用し、ポイントを貯めながら正誤判定がリズム良くできることで、集中して取り組むことができる。
・課題(今回は文節・単語分け)をタブレット上に表示し、直接書き込むことにより推敲することへのハードルを下げる。
学校名
守口市立八雲中学校
学びの場
特別支援学級
学校段階
中学生
主な対象障害

教科等
国語
特性・ニーズ

事例
使用する支援機器教材名
・ ミライシード ・Teams Class notebook・ 電子黒板
支援機器教材へのリンク
登録年月日
2024-04-19 09:47:20
閲覧数
71