実践事例

キャラクターの紹介文を書こう
概要
∙ 友だちや他者とのコミュニケーションにおける課題に向き合うことができる。
∙ 自分が考えたゆるキャラの紹介文を作りることができる。
本時における 1 人 1 台端末の活用方法とそのねらい
∙ 自分の苦手意識や感情をゆるキャラとして視覚化することで、コミュニケーションにおける課題に意欲的に向き合う児童の姿につなげる。
∙ 一人ひとりの発達段階に合わせたワークシート(言葉選び、言葉の並び替え、穴埋め、文章の型の提示などの配慮)を端末で配付することで、
それぞれが試行錯誤や言葉と言葉をつなげることが容易にできる。また、文章を書く活動に進んで取り組めるようにする。
学校名
柏原市立旭ヶ丘小学校
学びの場
特別支援学級
学校段階
小学生
主な対象障害

教科等
自立活動
特性・ニーズ

事例
使用する支援機器教材名
・タブレット PC ・SKYMENU Class 「発表ノート」 ・大型モニター
支援機器教材へのリンク
登録年月日
2024-04-19 08:49:37
閲覧数
126