実践事例

「言葉の使い方」(国語)「コミュニケーション手段の選択と活用」(自立活動)「ケーススタディ」(校内研修)
概要
・ 日常生活に必要な身近な言葉が分かり使えるようになるととも に、人と関わりの中で伝え合うことができる。(国語)
・ タブレット端末を使用して、要求を伝えたり、簡単な挨拶をし たりすることができる。(自立活動)
・ 視線入力装置を活用し自分の意思を伝える。(自立活動)
学校名
岡山県立岡山支援学校
学びの場
特別支援学校
学校段階
小学生, 中学生
主な対象障害
知的障害, 肢体不自由
教科等
国語, 自立活動
特性・ニーズ

事例
使用する支援機器教材名
ひらがなわかるもん!!,しゃべるんです。
支援機器教材へのリンク
登録年月日
2024-01-25 09:34:09
閲覧数
76