実践事例

指示する語句・接続する語句の役割を知ろう
概要
指示する語句と接続する語句の役割を理解し、使い分けができるようにする。
本時における 1 人 1 台端末の活用方法とそのねらい
授業の内容に入りやすくなるよう、興味・関心をもたせるために端末を使用する。
反復作業に苦手意識を持っているため、ゲーム性のある教材を活用する。
学校名
大阪狭山市立狭山中学校
学びの場
特別支援学級
学校段階
中学生
主な対象障害

教科等
国語
特性・ニーズ

事例
使用する支援機器教材名
・1 人 1 台タブレット端末 ・PowerPoint スライド・Kahoot! ・タブレットドリル(東書)
支援機器教材へのリンク
登録年月日
2024-04-19 09:47:20
閲覧数
69