実践事例

SNSを活用して家族とつながるための指導
概要
・iPadとSNSを活用して遠隔地であっても画像や絵文字を使用して家族と触れ合う機会を持てるようにする。
・できるだけ一人でできる環境整備や工夫をしていくが、どうしても一人でできないものは「依頼カード」を作成して支援者に依頼できるようにする。
・相手が常に出ることができるとは限らないことや、アカウントが取得しやすいようにSkypeのメッセージ機能を使用した。
・iPadで写真を撮影する際に誤作動をしにくいように、アクセシビリティ機能で外部スイッチでシャッターを切ることができる方法も試した。
学校名
大分県立別府支援学校鶴見校
学びの場
特別支援学校
学校段階
高校生
主な対象障害
肢体不自由
教科等
自立活動
特性・ニーズ

事例
事例へのリンク
使用する支援機器教材名
Skype
支援機器教材へのリンク
登録年月日
2024-02-02 11:45:09
閲覧数
70